Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Webブラウザをチラ見するWebabit

Webブラウザをチラ見するWebabit

サンプル画像

サンプル画像 サンプル画像

WebabitはWebブラウザをチラ見する為のアプリです。Notification CenterのToday Widegetでブラウザチェックしたり、 AppleWatchから確認したりできる、なんともいえない「ふーん」なアプリですが、ブログを書いているうちに作りたくなって 作ってしまったのでレビューもしてみます。もし皆様もよろしければ、、、DLして遊んでいただければ嬉しいです。

Notificatinでは 毎日必ずみたいサイトなんかがあったらほんとすぐに起動できますので便利かと思います。

参考:Webabit

できること

Notificationで画面をプルダウンさせて即座に登録サイトを確認できます。

下にシャーと指を下ろすとブラウザが起動しますので、本当にすぐみたい登録があるんであれば便利かもしれません。

サンプル画像

上の画像はブラウザからプルダウンでブラウザを表示しているので全く意味のない悪い例のサンプルです


管理画面で登録したWebリストを編集できます

管理画面ですきなページを選択できます。

サンプル画像


AppleWatchにも対応しています。

私自身はAppleWatchゲットできなかったのですが、友人にインストールしてもらい動作を見せてもらいました!!! 本体側で登録したサイトをAppleWatchで確認するのですが、、、、読み込みが最高に遅くて使いやすい!全然話になりませんでした。まだまだ 改善余地の隙ありアプリです。

サンプル画像

まとめ

AppleWatchの面白みは垣間見た気がしました。Wearableのこれからの歩み、少しずつでもついていきたいです。AppleWatchが無い人ももちろん DLできますので、もし宜しければご利用いただければ嬉しいです。

サンプル画像ダウンロード画像

AppleWatchの前記事はこちらからです!

↓こんな記事もありますよ!

SQLiteを使いたい。ラッパーを検証してみる。

SQLiteを使いたい。Objective-Cの時はMagical RecordでCoreDataを利用して問題なく使えたのですが、 今回はSQLite+Swiftでトライしてみたいと思います。ざっと調査すると、SwiftでSQLiteを使うのは、FMDB, SwiftData, SQLite.swiftが あるみたいです。この三つのラッパーから好みのものを選んでみるのが目標です。

SwiftData+SqliteのDBファイル保存+Libraryフォルダから読込

さて、私の目標は事前に作成したSqliteのDBファイルをSwiftDataで読み込むことですので、その一連の作業を以下説明してまいります。

WatchKitでウォッチに簡単なラベルを表示してみる

前回の記事ではWatchKitのサンプルの画面キャプチャを紹介しましたので、今回は実際にプロジェクトの作成から簡単なラベルを表示する、 簡単な最初の第一歩までを説明します。AppleWatchの細かい説明は後にしてひとまず動作させてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!