Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Webブラウザをチラ見するWebabit

Webブラウザをチラ見するWebabit

サンプル画像

サンプル画像 サンプル画像

WebabitはWebブラウザをチラ見する為のアプリです。Notification CenterのToday Widegetでブラウザチェックしたり、 AppleWatchから確認したりできる、なんともいえない「ふーん」なアプリですが、ブログを書いているうちに作りたくなって 作ってしまったのでレビューもしてみます。もし皆様もよろしければ、、、DLして遊んでいただければ嬉しいです。

Notificatinでは 毎日必ずみたいサイトなんかがあったらほんとすぐに起動できますので便利かと思います。

参考:Webabit

できること

Notificationで画面をプルダウンさせて即座に登録サイトを確認できます。

下にシャーと指を下ろすとブラウザが起動しますので、本当にすぐみたい登録があるんであれば便利かもしれません。

サンプル画像

上の画像はブラウザからプルダウンでブラウザを表示しているので全く意味のない悪い例のサンプルです


管理画面で登録したWebリストを編集できます

管理画面ですきなページを選択できます。

サンプル画像


AppleWatchにも対応しています。

私自身はAppleWatchゲットできなかったのですが、友人にインストールしてもらい動作を見せてもらいました!!! 本体側で登録したサイトをAppleWatchで確認するのですが、、、、読み込みが最高に遅くて使いやすい!全然話になりませんでした。まだまだ 改善余地の隙ありアプリです。

サンプル画像

まとめ

AppleWatchの面白みは垣間見た気がしました。Wearableのこれからの歩み、少しずつでもついていきたいです。AppleWatchが無い人ももちろん DLできますので、もし宜しければご利用いただければ嬉しいです。

サンプル画像ダウンロード画像

AppleWatchの前記事はこちらからです!

↓こんな記事もありますよ!

関数引数の参照渡し Inout

Swiftで参照だけを渡す(呼び出し元の変数の値を変更する)にはどうしたらよいのかな〜と調査していると、関数引数に参照渡しする方法でindexinoutという言葉があることを知りました。紹介いたします

UINavigationController

TabBarとUITableViewControllerを利用して一つのUIViewControllerだけをクリックすると右にスライドするUINavigationControlerを 利用したサンプルを記載します。というのも、AppDelegate内でUINavigationをself.windowのrootviewcontrollerにセットする 方法は多々あったのですが、AppDelegate内を利用しないでNavigationを実装する方法がなくハマっていましたのでを以下記載します

WatchKitでタイマーアプリを作成する。

簡単なアプリを作成しながらAppleWatchを学んでいきます。前回の記事で大まかな動きは理解できましたので、 つぎはAppleWatchとアプリとの連携をタイマー機能を利用して検証していきます
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!