Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Unmanaged

Unmanaged周りの不具合発生。Swift3へアップグレード中。

Member 'passRetained' in 'Unmanaged?' produces result of type 'Unmanaged', but context expects 'Unmanaged?' というエラーがSwift3へのバージョンアップで発生。

サンプル画像

参考:Migrating to Swift 2.3 or Swift 3 from Swift 2.2
参考:Change Unmanaged to use UnsafePointer

やってみた

この箇所はUnmanageを単純にUnsafePointerに変えることで改善できるようです。


var text = [.passRetained(ruby) as Unmanaged?, .none, .none, .none]


var text = [.passRetained(ruby) as UnsafePointer?, .none, .none, .none]

上記の様に修正します。

↓こんな記事もありますよ!

NSThreadでスレッド処理を行う

タイマー処理と同様に利用できるスレッドの処理です。NSTimerではヒゲがのびたサンプルでしたので眉毛の濃くなるサンプルにしてみます。ただ、どうやらThread処理は 推奨されておらず、dispatch_queueを使用するべきのようです。

UITextViewでテキストを複数行表示する

UITextFieldは一行表示ですが、UITextFieldは複数行を表示することができます。

WWDC2015で面白い発表があるのかワクワクしてみる。

OS9の発表だったり、 iPadでアプリを分割して複数表示できたり、Apple Payがカナダに対応したり(それはどうでもいいですかね、、、)、 盛りだくさん。Appleファンには たまらない色んな新情報が色々でてきていますのでその中で私がきになる情報をフォーカスして少し調査してみます。 Swift関連もあるようですので共有してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!