Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Unmanaged

Unmanaged周りの不具合発生。Swift3へアップグレード中。

Member 'passRetained' in 'Unmanaged?' produces result of type 'Unmanaged', but context expects 'Unmanaged?' というエラーがSwift3へのバージョンアップで発生。

サンプル画像

参考:Migrating to Swift 2.3 or Swift 3 from Swift 2.2
参考:Change Unmanaged to use UnsafePointer

やってみた

この箇所はUnmanageを単純にUnsafePointerに変えることで改善できるようです。


var text = [.passRetained(ruby) as Unmanaged?, .none, .none, .none]


var text = [.passRetained(ruby) as UnsafePointer?, .none, .none, .none]

上記の様に修正します。

↓こんな記事もありますよ!

LawsonのWifiが6月1日からPCでも利用可能?+Wifi通信状態確認

店員さんに 聞くと「いままではアプリ経由でスマホだけだったんですが、パソコンでもいけるみたいですね〜」とあまり興味がない感じで 答えをいただいたのですが、僕の中ではショッキング。嬉しさで内心ソワソワしておりました。

Typealiasをどうやって活用するのか

Typealiasって言葉、なんだややこしく見て見ないふりをしていましたが、 先日別の記事を書いた際にTypealiasの記述がありましたので、あらためて確認してみようと思います。まずaliasですが、 Macでショートカットを作成した時に記載される「エイリアス」です。ショートカットのようなものですので、 Typeのショートカット的な感覚で調査進めてまいります。

URLエンコードとデコード

サーバとデータのやりとりをしているとURLエンコードしないと文字化けしちゃったりと問題がでる場合があります。 phpのurlencodeやurldecodeと連携させる場合等、Swift側でどうやってエンコードすれば良いかの方法を記載しております
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!