Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Unmanaged

Unmanaged周りの不具合発生。Swift3へアップグレード中。

Member 'passRetained' in 'Unmanaged?' produces result of type 'Unmanaged', but context expects 'Unmanaged?' というエラーがSwift3へのバージョンアップで発生。

サンプル画像

参考:Migrating to Swift 2.3 or Swift 3 from Swift 2.2
参考:Change Unmanaged to use UnsafePointer

やってみた

この箇所はUnmanageを単純にUnsafePointerに変えることで改善できるようです。


var text = [.passRetained(ruby) as Unmanaged?, .none, .none, .none]


var text = [.passRetained(ruby) as UnsafePointer?, .none, .none, .none]

上記の様に修正します。

↓こんな記事もありますよ!

Pre特殊文字難民

記事を書いている時によくつまずくことがあります。preでコードを表示する際に、 カッコを使うと文章が消えてしまったり、ドルマークの変数が表示できなかったり。その度に検索して探しているのでサイトの中に入れてしまいます。 以前のバックスラッシュもそうですが、こういった特殊文字難民対策のページにしておきます。

AppleWatchとiPhone連携をナターシャさんのデモを参考に調査

先日Swiftサラリーマンに関してTwitterでつぶやいてくださっていたまっちょさん に教えていただいたAppleWatchアプリ作成に関する海外のWatchKitのナターシャさんの記事(Architecting Your App for the Apple Watch)を教えていただきました、 動画やプレゼンもあり英語でしたがサンプルコードも付いていて分かりやすかったです!

AppleWatchをNSFileCoordinatorとKeychainでデータ交換

前回の記事(ナターシャさんのサンプルデモを元に解説)の続きです。今記事はNSUserDefaultではなく、 NSFileCoordinatorとKeychain sharingを利用しての解説です。ナターシャさんのサンプルに関して前記事をご参照ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!