Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Unmanaged

Unmanaged周りの不具合発生。Swift3へアップグレード中。

Member 'passRetained' in 'Unmanaged?' produces result of type 'Unmanaged', but context expects 'Unmanaged?' というエラーがSwift3へのバージョンアップで発生。

サンプル画像

参考:Migrating to Swift 2.3 or Swift 3 from Swift 2.2
参考:Change Unmanaged to use UnsafePointer

やってみた

この箇所はUnmanageを単純にUnsafePointerに変えることで改善できるようです。


var text = [.passRetained(ruby) as Unmanaged?, .none, .none, .none]


var text = [.passRetained(ruby) as UnsafePointer?, .none, .none, .none]

上記の様に修正します。

↓こんな記事もありますよ!

GはGoogle他のアルファベットを勝手に妄想してみる

さて昨日はGoogleが衝撃的な発表でAlphabetという親会社をつくって、Googleはアルファベットの中のGがGoogleとの 位置づけで今後展開していくとの事。ネーミングもですが、今後の期待を大きく感じる、またわかりやすく好印象だったのか株価も 大きく上がったとのことでした。さて、その他残りのアルファベットはどんな風になるのかなぁと勝手に歩きながら妄想してみました。

アイコン一括作成サービス紹介

アプリのアイコンを作るのは手間で面倒くさい。と、思いながらPhotoshopで一つ一つサイズを変えて作っていたのですが、 簡単につくれるサービスやっぱりありました。Macのスクリプトだったり、Webサービスだったりと揃っていましたので共有します。

Pre特殊文字難民

記事を書いている時によくつまずくことがあります。preでコードを表示する際に、 カッコを使うと文章が消えてしまったり、ドルマークの変数が表示できなかったり。その度に検索して探しているのでサイトの中に入れてしまいます。 以前のバックスラッシュもそうですが、こういった特殊文字難民対策のページにしておきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!