Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > Unmanaged

Unmanaged周りの不具合発生。Swift3へアップグレード中。

Member 'passRetained' in 'Unmanaged?' produces result of type 'Unmanaged', but context expects 'Unmanaged?' というエラーがSwift3へのバージョンアップで発生。

サンプル画像

参考:Migrating to Swift 2.3 or Swift 3 from Swift 2.2
参考:Change Unmanaged to use UnsafePointer

やってみた

この箇所はUnmanageを単純にUnsafePointerに変えることで改善できるようです。


var text = [.passRetained(ruby) as Unmanaged?, .none, .none, .none]


var text = [.passRetained(ruby) as UnsafePointer?, .none, .none, .none]

上記の様に修正します。

↓こんな記事もありますよ!

大阪都構想の橋下さんの鼻に誠意をもって顔認識処理で画鋲を刺す

先日大阪都構想でニュースがざわついておりましたが、 そこで自分が思っていたこと、なぜ鼻ピンしたのかを顔認識サンプルと誠意を込めて書き記してまいります。(※選挙ポスターに画鋲を刺す事や、そもそも「他人様」の画像を変更することがタブーな事を理解しつつの投稿です。問題がないかの問い合わせメールを送る予定です。画像はWikipediaからの引用です)

CLLocationManagerで現在位置を取得

あっさりしたシンプルなサンプルがなかったので省略型です。

CoreTextでTextViewの一文字の向きを変える(解決前)

TextViewの文字を縦書きにしたいなぁと考えている時にCoreTextとNSMutableAttributedStringの二つのどちらかなら実装できそう。CoreTextを利用してトライして無理ならAttributedStringをトライしてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!