Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > XXXXXX

Swift3へのアップグレードでType Anyのエラーで悩む

こちらどうやら「型が不明だよ」との不具合のようなので、明記的に分解してあげると解決できます。Qiitaの記事がわかりやすいです。

サンプル画像

参考:Type 'Any' has no subscript members after updating to Swift 3
参考:type any? has no subscript members
参考:http://qiita.com/___dera/items/7313f2fc705d846c88f2

やってみた

例えば、こんな箇所です。

サンプル画像


        self.contentsPageDataArr = NSMutableArray();
        for (index,obj) in self.contentsDataArr.enumerated(){
            let section = self.contentsDataArr[index]["section"];//<- エラー
        }
		

self.contentsDataArr[index]がAny型で返っているため、["section"]が保証されていないようです。

カスタマイズ


        self.contentsPageDataArr = NSMutableArray();
        for (index,obj) in self.contentsDataArr.enumerated(){
            let selectedData = self.contentsDataArr[index] as AnyObject?
            let section = selectedData?["section"];
        }
		

これならコンパイルエラーにならない。

まとめ

ID型とか正直まだよくわかっていない。。。

↓こんな記事もありますよ!

NSFileManagerでAPP保存領域のデータ操作

ファイルやディレクトリ作成はなんとなく面倒くさいイメージがありましたが、この記事で少し自分の中で壁が低くなった気がします。 よろしければご利用くださいませ。

NSThreadでスレッド処理を行う

タイマー処理と同様に利用できるスレッドの処理です。NSTimerではヒゲがのびたサンプルでしたので眉毛の濃くなるサンプルにしてみます。ただ、どうやらThread処理は 推奨されておらず、dispatch_queueを使用するべきのようです。

UIWebView

アプリの中にWebビューを作成して外部ネットワークやローカルのhtmlやcssやjsファイルと連携する方法の説明です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!