Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > swift3へsqlitedataが移管できない

Swift3へ移管する際に利用していたSwiftDBが使えない、、、、

Swift3移管時にsqliteへのラッパーを利用していたのがswiftdata.swift。

Swiftが初まった当初探したwrapperでしたので 利用していましたがSwift3へのバージョンアップに対応できていないようでした(2017年1月10日現在)。その為、類似SQliteラッパーを探したのですが、、、 結構ある!昔はSwift対応開発者は少なくて良いWrapperが少なかったように思われますが、増えてきているようでした。

同類のラッパーが増えているのでswiftdata開発者の方も断念してモチベーションが薄れているのかも、、、、それぞれ紹介しつつ対応していきます。

以下、私がみつけたSQliteのラッパー達。githubに多くアップされているようです

参考:GRDB.swift
参考:SQLiteDB.swift
参考:SQLite.swift
参考:swiftdata.swft(昔つかってたラッパー)

それぞれのGithubのコミット数をみると断然GRDBが多い。4000を超えるコミット。他は数百。Swiftdata.swfitに限っては30程なので、 開発更新に関していえばgrdb.swiftを利用するのが良さそう。ただ、SQLite.swiftも600ほどのコミットなので、どちらかに絞ってみます。

やってみた

どうやらどちらも、もはやブリッジヘッダーが必要なく(Swiftdata.swiftは必要だった)、pure Swiftコードとして稼働するようでしたので、 コミット数が多く、ドキュメントの量も多いGRDBを利用していきます。

進捗)インストール中にembeded frameworkで格闘中。。。。

まとめ

まだ途中ではありますが、GRDBインストールの流れで記事を更新していきます。swift3になってブリッジヘッダの無い純粋なSwiftのデータが 増えてきたのは開発側としてとても嬉しい。。。。

↓こんな記事もありますよ!

CLLocationManagerで現在位置を取得

あっさりしたシンプルなサンプルがなかったので省略型です。

AppleWatchをNSFileCoordinatorとKeychainでデータ交換

前回の記事(ナターシャさんのサンプルデモを元に解説)の続きです。今記事はNSUserDefaultではなく、 NSFileCoordinatorとKeychain sharingを利用しての解説です。ナターシャさんのサンプルに関して前記事をご参照ください。

WWDC2015で面白い発表があるのかワクワクしてみる。

OS9の発表だったり、 iPadでアプリを分割して複数表示できたり、Apple Payがカナダに対応したり(それはどうでもいいですかね、、、)、 盛りだくさん。Appleファンには たまらない色んな新情報が色々でてきていますのでその中で私がきになる情報をフォーカスして少し調査してみます。 Swift関連もあるようですので共有してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!