Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > parent is readonly

'parent' is a get-only propertyがSwift3のアップグレードで出てくる

どうやらSwift3になってparent周りがコンパイルエラーがでています。調査します。。

サンプル画像

参考:Override get-only property in swift
参考:Swift protocol settable property through a read-only property [duplicate]

やってみた

こちらなぜParent = selfしていたか思い出せず、、、、そもそもparentにselfをいれている時点でおかしいので一旦削除して動作するかを検証

わかりました、parentを変数としてSwift2.0では宣言できたのですが、それがSwift3.0ではできないようでした!

まとめ

変数宣言でparentを利用するのは止めましょう。。。普通しないのかな。

↓こんな記事もありますよ!

Typealiasをどうやって活用するのか

Typealiasって言葉、なんだややこしく見て見ないふりをしていましたが、 先日別の記事を書いた際にTypealiasの記述がありましたので、あらためて確認してみようと思います。まずaliasですが、 Macでショートカットを作成した時に記載される「エイリアス」です。ショートカットのようなものですので、 Typeのショートカット的な感覚で調査進めてまいります。

UIStepper

さて今回は基本のコンポーネントの一つStepper(メモリを少しずつ+とーで上下させるコントロール)を説明します。 単純なコントロールですのが、初期設定で、+と-が表示される優れものです。ただ、単調な為に記事にするのが面白くないので、 何度も申し訳ありませんが「ヒゲ」にフォーカスして、ヒゲを剃るStepper(ヒゲの量を調整する)を作成して説明してみます。

WWDC2015で面白い発表があるのかワクワクしてみる。

OS9の発表だったり、 iPadでアプリを分割して複数表示できたり、Apple Payがカナダに対応したり(それはどうでもいいですかね、、、)、 盛りだくさん。Appleファンには たまらない色んな新情報が色々でてきていますのでその中で私がきになる情報をフォーカスして少し調査してみます。 Swift関連もあるようですので共有してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!