Swift転職なら=>【LevTech】
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大
↑クリックして拡大

頭痛が減ったので共有です!

rebuild.fmを応援しています!

HOME > parent is readonly

'parent' is a get-only propertyがSwift3のアップグレードで出てくる

どうやらSwift3になってparent周りがコンパイルエラーがでています。調査します。。

サンプル画像

参考:Override get-only property in swift
参考:Swift protocol settable property through a read-only property [duplicate]

やってみた

こちらなぜParent = selfしていたか思い出せず、、、、そもそもparentにselfをいれている時点でおかしいので一旦削除して動作するかを検証

わかりました、parentを変数としてSwift2.0では宣言できたのですが、それがSwift3.0ではできないようでした!

まとめ

変数宣言でparentを利用するのは止めましょう。。。普通しないのかな。

↓こんな記事もありますよ!

大阪都構想の橋下さんの鼻に誠意をもって顔認識処理で画鋲を刺す

先日大阪都構想でニュースがざわついておりましたが、 そこで自分が思っていたこと、なぜ鼻ピンしたのかを顔認識サンプルと誠意を込めて書き記してまいります。(※選挙ポスターに画鋲を刺す事や、そもそも「他人様」の画像を変更することがタブーな事を理解しつつの投稿です。問題がないかの問い合わせメールを送る予定です。画像はWikipediaからの引用です)

SwiftData+SqliteのDBファイル保存+Libraryフォルダから読込

さて、私の目標は事前に作成したSqliteのDBファイルをSwiftDataで読み込むことですので、その一連の作業を以下説明してまいります。

willsetとdidsetでプロパティを監視。意味あるのか???

クラスのプロパティにはWillsetとdidsetという監視用の関数があると聞いたのですが、用途は分かるにしても メリットとしてはどういうものなのかなと、うーん、と考えていました。調べていると海外のサイトでは同じように疑問にもつ質問があがっていました。 getとsetで同じことができるのでは?との私と同じスタンスです。解決されていましたので、順に説明していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
右側のFacebookのLikeをクリック頂けると記事更新の際に通知されますので宜しければご利用下さい!