第56話: 忘年会で転職活動

テレビでは忠臣蔵の放送が始まる12月、寒くなってきました。忘年会シーズン。新たな人と出会える機会が増えるタイミングでもあります。そんな中で、転職のチャンスを導き出せるかを検討します。

どんな人と忘年会するか?

まず人事に直接影響のある人と出会える場合は、自身の進捗をさり気なく聞いてもらえるように話を誘導してもよいかもしれません。私の友人は忘年会での些細な一言から留学に繋がる出会いを紹介されて実現させた人もいます。タイミングは大事で雇用側が必要とされている人材がたまたま合致しているなら可能性は相手からさぐりよってくるでしょう。

どうやって話を誘導すればよいか

挨拶からお互いの仕事の話し等に繋げて話したとして、最近はお忙しくされてますか?と聞けば返す同じ質問で、実は、、、と話す事も出来そうです。

参加できる忘年会はあるのか?

さてさて、そもそも参加する忘年会がなければ出会いもへったくれも無いので、部外者が参加しても良い忘年会は実際はあるのでしょうか?

一人参加限定 忘年会

https://www.ya-7.com/s/event/EventInfo.php?EventNum=8492&ya7_domain_name=ya7

https://machicon.jp/events/vuGjl5/

都心部であれば年末に探せばでてきそうです。新しい繋がりも出来ますし、転職を超えた多彩な人に出会える場になり得るのかもしれませんね!ほぼ出会いを求めてきてるひとが多い気もしますが、就職の切り口でもゼロでは無いのではないでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です