第27話:ストレスが貯まるとオナラがとまらない

ブーーー
aniki_12
icon_1
 ん
ブりぶりぶぃ ぶー
aniki_12
aniki_12
icon_1
 おや

ストレスにより引き起こされる症状の数々

上司にパワハラされてストレスが貯まる、そんな事はよく聞きますが、ストレスが続くと具体的にどういった事が起きてしまうのかを書き出してみます。

ストレスといっても良い刺激のある仕事や生活を前に動かすための動力となる「良いストレス」と、「悪いストレス」は仕事と人間関係から引き起こされる自分を停滞させる刺激です。人間関係の不和(妬み、いじめ、独裁的な上司当)や対人関係(上司との確執、同僚とのいざこざ、部下との関係、社内恋愛のもつれ)、仕事でいえば、出世の失敗、仕事の失敗、単身赴任や異動等があります。

また結婚したりと生活環境が一気にかわったり、一人暮らしから新婚の二人暮らしになる、子供がうまれて睡眠時間が一気に削られる、経済的な不安や、仲の良い友人知人との別れ、等が「悪いストレス」に派生してしまうことがあります。

ブラック企業等で働いているとストレスに麻痺してくるようですので、冷静に身体の動きを心の動きを察知して事前に何かしら対処できたらと願います。

参考:ストレスは心と体を痛めつける!ストレスが原因で起きる恐いこと

腸が弱くなる過敏性腸症候群が発症、オナラがとまらない場合も。

さてこれは私は知らなかったのですがストレスにより腸が弱まり過敏性腸症候群という病気にかかりやすくなります。下痢や便秘、おなかの不快感がでる場合と、「ガス型」がありオナラが止まらなくなってしまう恐ろしい場合があるようです。オナラが止まらずそれ自体が更にストレスを引き起こす場合があるようで、負の螺旋階段ですね、、、。長期的に継続して病気がストレスを呼び、ストレスが病気を呼び込むことになってしまいとても危険です。

胃の病気にかかりやすくなる→胃に穴

以前当ブログでも胃に穴が空いた話(第16話:上司パワハラで胃に穴が開いた話 )を書きましたが、胃が弱ります。胃潰瘍や胃がんになる可能性、胃潰瘍が悪化して胃に穴が空いたりも。私の実経験では会社の社長のパワハラで社長の奥さんがストレスで胃に穴が開いて病院に入院したことがあるので本当に起きることだと実感しています。家庭内のトラブルなんかで胃がキリキリすることもあるので、日常あらゆる人に起きる症状かとは思いますので注意です。

体臭が臭くなる→スカンク的症状

私の兄がくさくなったので間違いなく臭くなります。ただし局所的な「怒られた直後」が臭い状態でしたので、常に臭くなることは別なのかもしれません。詳しくは第12話;兄の身体からうんこの臭いがしたをご参照下さい。

ガンのリスクが増える「免疫力の低下」

日本人の死亡で最も多いのは「がん」ですが、これもストレスによってその割合をあげているようです。ストレスが続くとガン細胞が増殖してしまい身体を蝕んでしまうようです。免疫力が低下するので、ガンにかぎらずあらゆるウィルスに対して弱まってしまいます。「精神的なストレス」による免疫力の低下に加えて、睡眠不足や過労による「肉体的なストレス」による活性酵素の増加により問題のある発がん性物質が生まれて育てられてしまうのです。

まとめ

ストレスによる臭さ、胃や腸の病気、オナラとまらない、ガンになる可能性の向上、と改めて書き出してみると怖いことが多い。ストレスの環境下から離れることができる場合なのであれば速やかに離れて下さい。もし頑張りを続けないと行けないのであれば、ストレスを貯めない心のコントロールを調べてみてください(又記事にします)

今日の兄貴の髪型は「うんこ」でした。

aniki_12

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です