第9話:転職エージェントと求人サイトの情報量と髪の毛ボリューム

もじゃもじゃもじゃ
aniki_09
icon_1
 アニキさん、ちょっと質問です
はい、どうぞ。
aniki_09
icon_1
 転職エージェントと求人サイトの違いってなんですか?
icon_1
エージェントは、年収が高いものや面談の練習など情報量が多くて手厚い感じがしますが。
ワタクシの今の髪型が「転職サイト」だとすると。
aniki_09
これなんかだと「求人サイト」ですね。やはり「転職」に特化した情報量と髪のボリュームの差がありますし。
aniki_03
icon_1
 …..

 

転職エージェントVS転職/求人サイト

さて、何が違うのか?転職エージェントは兄貴のように第三者があなたと相談してして転職へ導いてくれますが、求人サイトや転職サイトは受身。情報を自分で確認して、自分の主観で決めていきます。

3人寄れば文殊の知恵ではありませんが、余程強い希望が次の会社に無い限りは冷静な第三者に意見をきいて自分の能力や特技を広い視野から分析してもらうのはメリットは大きいのではないでしょうか。

1人で悩むのはツライ

やはり1人で悩むのはツライ。特に転職の理由が人間関係でネガティヴになったりしてたら話をきいてもらうこともアリかもしれません。

求人サイトから見つける応募はやはり、素早く実行できるので時間が無い人にはメリットがありますが、時間がある程度見込めているのであれば、新しい人と出会う感覚で相談して新しい自分の立ち位置を見つける機会にしてみてはどうでしょうか。

時間に余裕があればエージェントをオススメ

私は大学卒業後、就職活動していなかったので卒業後求人サイトのファインドジョブに登録して、幸運な事にあっという間に一週間で決まったのですが、職種や給与は吟味しなかったので今となっては転職エージェントに頼む余裕はあったしやってたら良かったとは思っています。(大学卒業時には既に数年の社会人経験があったので、今思えばエージェントも利用できたのではと思います)

技術が無かったとしても

技術が無かったとしても相談の中で次学ぶべき技術を知るきっかけにもなったのではと思いますし、既に能力があれば能力に応じて提案してもらえます。エージェント側があなたの希望企業と営業経験があった場合、面談時のコツや履歴書のウケやすさ等、個人でアプローチする場合ではわからない経験からくるアドバイスをうけられる利点があります。面談の調整日を調整してもらえたり、懸念点や不安を企業側にシラ〜と第三者としてしてくれたりもしますがこの辺りは個人でもできるかもしれません。

まとめ

転職エージェント利用のメリット

aniki_09お得な情報ですよ。

サイトに記載されている年収の上乗せの可能性。(求人サイトへの予算と、エージェントへの予算では、エージェント経由の方が高いことが多い。求人サイトにも転職エージェントどちらにも掲載されていることもあるので、その場合は「エージェント枠」を狙った方がお得

企業の情報を過去の経験からアドバイスを貰える可能性。(いままでの転職者がいる企業であれば具体的なノウハウを蓄積している。面接は圧迫面接だよ〜とか、◯◯さんなら事前に伝えておくよ、等)

ききずらい質問を聞いてくれる。会社の平均年収はいくら?とか年収一番高い額はいくら?とか、直接聞いたらまずレスが無いようなこともエージェント経由ならゲットできるかも!?)

転職エージェント利用のデメリット

aniki_09お得な情報ばかりでは無いですよ!

①時間がかかる。(転職/求人サイトなら直接アプローチできる。)

〜〜〜〜

時間に余裕があれば転職エージェントに相談するのが軍配でしょうか。参考にしていただければ感謝です!

 

今日のアニキの髪型は「アフロ」でした。

aniki_09

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です