第2話:横からため息のはぁが聞こえて仕事が辛い

icon_1
…… rmdir tameiki ぱちッ
icon_1
ふう、、、、また隣からため息だ。。。
どうかされましたか?
aniki_02
icon_1
わ!
icon_1
部外者立ち入り禁止ですよ!でも、なんか見たことある気がする。ん、、、
お忘れですか!ワタクシ転職エージェント兄貴ですよ!
aniki_02
icon_1
あ、、、先日の。お世話になっております。髪型が違うので気づきませんでした。
ヘアースタイルを日々転職させて、どんな職種への転職希望者の皆様の気持ちに向き合える様にと考えております!
aniki_02
icon_1
….. (なんだあの髪型。。。)
icon_1
そうなんですね、、、ただ僕は隣のオヤジのため息とか舌打ちが嫌でちょっとノイローゼ気味なんです。
それは大変ですね、、、ノイローゼ気味な人がうつ病にかかっていく事は多いので、気づいた今のタイミングで色々手を売ったほうが精神的に楽ですよ。
aniki_02
icon_1
そうですよね、、、どうしたらいいでしょうか。
まず、身近な友人に相談できそうならしてみましょう。(可能であれば上司)話を聞いてくれる人は周りにはいますか?
aniki_02
icon_1
隣のオヤジのため息舌打ちしているのが上司なんですよね。言うにいえない、、、、 友達も話していて、色々僕の中でも考え方を改めてストレスを吸収したり発散したりしてるんですが、、、
icon_1
毎日のこととなるとやはり厳しいですね、、、、
なるほど、、、その上司の上の上司がいれば相談できたらと思うのですが、、、、、状況が厳しいのかもですね。ノイローゼは本当に心を病んでしまうので、少なくともどなたかが周りに話を聞いてくれるようにと願います。。。
aniki_02
そうでなければ、ワタクシ転職エージェント兄貴にご相談下さいませ!少なくとも話し相手にはなるかと思います。
aniki_02
icon_1
,,,, 髪型キモい

密室に二人。聞こえてくるのはため息の地獄絵図。

上記は私の体験談を含んでいます。20代の若いころに入社した会社で一度部屋の中に社長と私の二人きり。社長は常にため息や舌打ち、会社の中の会話は朝の挨拶の「おはようございます」だけ時々それも無視されるという状況でした。

退職後のその会社の行末

この際には転職では無く学業に戻るために退職したのですが、あのまま継続していらノイローゼになっていたのかもなと思います。最終的に10年程経ってその会社は人がどんどん辞めて社員は0人になってしまったと風のうわさで聞きましたので、ブラックな雰囲気を感じたら、何か策を打つことは30代で急に給料が無くなる恐怖が起こらない為にも将来の保身の為にもなるのかとおもいます。もし上と似た体験をされている方は赤信号なのかもしれません。

辞めるのも勇気。ただし適切な節目にすることで次へスムーズに繋がりますように。

すぐ辞めるのが正しいとは思いませんが、恩や義理人情ですぐ辞めるのは難しいので辞めるタイミングを見逃す場合もあるので、一生付き合っていく仕事には冷静に冷徹にまた同時に温かみのある判断をして行けたらいいなと思っております。節目節目には衝突があるとは思いますが、適切なタイミングで離職さえできれば、その繋がりが将来の取引先になったりと今後のキャリアにつながることも多々有りますので、慎重にかつ大胆に変化を着けることができればと思います。引き際にどう振る舞えば良いかは転職エージェントからアドバイスくださります!

今日の兄貴の髪型は「ブルース・リー」でした。

aniki_02

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です