第61話: 無視の影響。被害と加害。

転職のキッカケは上司からの無視が原因であることは少なからずあるかと思います。私も実はそうで、朝のおはようございますのレスも無くてストレスが積み重なり転職へ踏切ました。他にも同等の話も耳にしますので、無視という行為は他人に対する最低な行為と私は認識しています。

ただ、加害側と被害側で考えて冷静に見直してみます。

被害側

無視される行為が引き起こす影響参考サイト

http://suzie-news.jp/archives/4320

http://raorsh.com/mushi

当たり前ですが、無視される方は朝からモチベーションが下がります、結果作業効率が落ちて上司から嫌われる無視されるの螺旋階段を降り始めることになります。解決策として上のサイトだと逆に無視するとありますが、場を余計気まずくする可能性があるので、できればやりたくないですよね、、、、。別の上司に相談出来ない職場環境で数年我慢しても改善出来ないのであれば転職するべきと私は思います。

加害側

さて無視する側の心理状態はどうなっているかも調査してみました。私は上の様に無視はダメとの認識ではありますが、大好きな漫画を読んでる時は気づかない場合も多いので、故意ではなく知らなかった場合もあり得そうです。

単純に嫌われていたり、あえて無視することで気づかなかった場合の対処を見ていたり、交渉としての無視だったり、様々なシチュエーションはあり得ます。

自分の思い込みではないか等、自分と上司だけでの無視なのか、上司が無視をツールとして使っているのか、そもそも単純に性格が悪いだけなのか一歩下がって考えてみるとよいかもしれません。

どちらにしても同じ職場で無視を行使した場合に、故意であったとすれば後でのフォローが無いのであれば、ただのモチベーションを下げるだけの愚策なのではと思います。

 

まとめ

無視はゼッタイ駄目!でも駄目駄目な思い込みも逆に頑なになってしまうので半身にとらえつつ馴染めたらと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です